Interview社員インタビュー

事業を急成長させる仕組みを作る メディア事業部 営業推進  都築 巧真

メディア事業部 営業推進
都築巧真
新卒でコンサルティング会社に入社。業務改善のコンサルティングや基幹システムの導入に従事。
その後、製造業に特化したセールス・マーケティングのコンサルティング会社「FAナビ」を経て、経営統合を機にアペルザに参画。
自社サービスである製造業向けカタログポータル「Aperza Catalog」の立ち上げから携わる。

現在の仕事内容について教えてください。

非連続にワープするような成果を残す。

主に「Aperza Catalog」のセールスチームがより高い成果を出せるような営業戦術の設計をし、実行の支援をしています。社内でよく使われる言葉に「ワープ」という言葉がありますが、ボトムアップで成果を積み上げるのではなく、非連続にワープするような戦術を立案し成果を出すことを心がけています。

仕事の流れとしては、自ら営業戦術の仮説をまとめあげ、方向性を経営層に提案し承認を取ります。その後は、セールスやマーケティング、サービス運営とのMTGを通じて具体的な施策に落とし込みます。当たり前ですが、結果が出なければ企画の意味がありませんので机上で終わることなく、時にはセールスのスタッフとお客様先に同行するなどの活動を通じて効果検証まで行います。

具体的には、競合となる企業の調査・分析、ターゲットの選定、キャンペーンの企画、SFAやMAツールの導入と運用、マネジメント用ダッシュボードの構築、セールスツールの作成、事例集の作成などを行なっています。

前職となる「FAナビ」はコンサルティング事業でしたので、ゼロから企画したり、企画した内容を実行に移したりする機会はなかなかありませんでした。今は企画を立てて実行し、改善をしながら仕組み化するという新しいことに挑戦できています。事業のフェーズごとに乗り越えないといけない壁の種類が全く異なるので、産みの苦しみもたくさん味わいますが、その分刺激も多くて楽しいです。
事業の成長と共に自信も成長をさせてもらっている感覚です。非常に貴重な経験をしています。

一緒に働く仲間はどんな人が多いですか?

柔軟な人。

自分のこれまでの価値観にこだわることなく、良い意味で変化を楽しめる柔軟な人が多いと思います。
お互いに自己主張もしますが、納得すれば受け入れて一緒に頑張る。良い仲間です。

製造業に限らず、様々なバックグランドの第一線で活躍したメンバーが今続々とアペルザに集まってきています。多様な人材がいるからこそ学びも多く、アイデアの切り口も広がります。

今後アペルザで実現したいことは?

会社の成長をリードできる存在に。

100億円規模の事業をマネジメントできる人材になりたいと思っています。そのためにも、自走する組織を作れるようにならないといけないと思っています。
代表の石原と話す機会も多いのですが、事業をどのように俯瞰的に見ているのか、成長を加速させるために課題をどのように捉え、どのような打ち手をとるのかなど、たくさんの学びがあります。

アペルザは成長スピードが速いので、そこに食らいつき先導できる存在になりたいですね。
さらにその先のキャリアとしては、新規事業の立ち上げに挑戦してみたいという思いもあります。これまで自身が得た知見に再現性があるのか試してみたいからです。

どんな仲間と一緒に仕事をしたいですか?

事業を主体的に推進し、変化を作り出せる人。

高い視点やジャンプできる発想を持ちながらも目の前の仕事に愚直に取り組める方、主体的・積極的に事業をリードしながらも仲間の意見を尊重して巻き込んでいける方。アペルザにはそういったバランス感覚がある大人な人材が多いと思いますし、そういう仲間を求めていると思います。

これまでアペルザは加速度的に成長を続けていますが、成し遂げたいゴールからすればまだまだスタートラインに立ったばかりです。山ほどやるべきこと、やりたいことがあります。

主体的に事業を推進していきたい方、変化を作り出せる方にとってはぴったりの環境だと思います。挑戦する機会はいくらでもあるので、ぜひそれを掴んでどんどん実現していって欲しいと思います。



Interview社員インタビュー

グローバルな事業に関わりたい

メディア事業部 フィールドセールス
恩田愛


Interview社員インタビュー

声で築くお客様との信頼関係

メディア事業部 インサイドセールス
國領夏希

募集職種一覧