Interview社員インタビュー

アペルザでなければ誰にも実現できないことに、挑みたい。 営業部 営業企画  武田法子

営業部 営業企画
武田法子
大学卒業後、株式会社リクルートキャリアへ入社。転職事業領域にて法人営業・営業企画・商品企画などを約5年経験した後、もっと早いスピードで圧倒的に成長したいと2018年2月にアペルザへ。

なぜ大手企業からスタートアップへ?

圧倒的なスピードで幅広い経験を積み、自分をもっと成長させたい。

前職のリクルートキャリアでの毎日は、とにかく楽しく充実していました。1年スパンで部署を異動していたこともあり、社内で転職しているような感覚でした。仕事が変われば、使う筋肉も変わりますし、視座や視点も変える必要がある。新しいことにどんどんチャレンジしている実感がありました。

約5年充実した日々を過ごすなかで気づいたのは、リクルートキャリアは大きな会社で、自分が知っているのは大きな仕組みの一部にしかすぎないということ。分業が進んでいるので、商品企画という立ち位置でさえ、自分の商品のことをすべて把握することが難しかったんです。

毎日に成長実感がありましたし、職場環境もとても恵まれていたのですが、ふと、リクルートキャリアでしか通用しないビジネスパーソンになりそうな不安を覚えたんです。例えば、WEBサービスの商品企画を担当している時も、商品コンセプトや運用設計だけできていれば企画はできますが、WEB周りのことは分からない。それでも、商品企画が成り立つんです。

自分は最後に何者になるのか?を考えると、ここで甘えていたら生きていけない。幅広い業務範囲を圧倒的なスピードで進めることができる環境で、自分が何者になれるか?を見定めたいと思って、スタートアップに転職しようと決めました。

数あるスタートアップの中で、アペルザに入社を決めたのは?

アペルザが変えなければ、誰も成し遂げられないとう使命感。

代表の石原と会った時に、キラキラした目で夢を語ってくれました。製造業という業界を変えたい、社会を変えていきたい。話を聞いていて、やんちゃな目標を立ててがむしゃらに進むのではなく、様々なことを考えていることが伝わり、後は実現する人が欲しいんだなと。旗を掲げる石原さんをサポートすることで、自分のキャリアを磨いていきたいと強く思いました。

また、面談で会う社員が皆楽しそうだったことも魅力でした。会社が大好きで、アペルザでの仕事を心の底から楽しんでいる。そういう魅力がある会社なのだと感じました。

正直、製造業のことは分からなかったですし、もともと興味があったわけではありません。それでも、アペルザが頑張れば、世の中が変わるかもしれない。レガシーで巨大な製造業という業界そのものを変えていく、その難易度の高さや、アペルザが変えなければ誰も変えられないという使命を背負っていることにワクワクして、入社を決めました。

アペルザではどんな仕事を?

営業メンバーと一緒にお客様の課題を解決する。

営業企画として、クライアント向けのマーケティングから営業施策の立案、商品改善の企画からSFAの改善などと担当範囲は広く、営業メンバーの活動を後方から支援しています。

営業メンバーがどんなお客様と対峙しているのか、お客様のお困り事はどんなことのなのかを理解しないと、本当の意味で営業企画はできないと考えているので、営業同行にも積極的に行っていますね。

お客様の前で営業メンバーがどんな話しをしているのか?を理解すると、営業メンバーに対してどんなインプットやアウトプットが必要かが見えてきますし、実際にお客様のお悩みを直接伺うことで、サービス改善に繋げるヒントも得ることができます。お客様から改善のヒントをいただいた時には、翌日にはその対応に向けて動きだすといったスピード感で、サービス改善に現場の声を反映しています。

営業メンバーと一緒に現場の目線で動いていると、集まる情報の量も質も変わります。隣に立って、営業メンバーが安心してお客様に向き合い続けることができるような環境を、もっと創っていきたいです。

今の仕事でのやりがいは?

スペシャルな人と一緒に、最高のパフォーマンスをあげる。

何を変えても進化になるので、やりがいだらけです。良くも悪くも守るものがないので、どんどんチャレンジできる環境だと思います。

アペルザには、それぞれの分野でスペシャリティを持っている人が多いので、何をやっても自分一人でやる以上のパフォーマンスが帰ってきます。一緒に仕事をしていて、すごく勉強になりますね。自分の引き出しも日々急スピードで増えていく実感があり、それがすごく心地良いです。


募集職種一覧


企画営業

Field Sales