Interview社員インタビュー

グローバルな事業に関わりたい メディア事業部 フィールドセールス  恩田愛

メディア事業部 フィールドセールス
恩田愛
大学卒業後、アメリカに留学。
サンフランシスコにて就労ビザや学生留学をサポートする会社でインターンシップを経験し、2017年5月にアペルザに新卒入社。

なぜアペルザに?

製造業×海外展開にワクワク。

代表の石原の強い想いに共感したことがアペルザを選んだ1番の理由です。

最初の面接で代表の石原が出てきて、日本の製造業が世界で活躍するためにアペルザが何をすべきか、情熱的に話してくれました。製造業にゆかりもありませんでしたが、話が終わる頃にはワクワクしていて、ここで働きたい!と感じたことを今でも鮮明に覚えています。面接直前までは製造業の課題も知りませんでしたし、その可能性も理解しておらず、決して志望度も高くなかったのですが…。今から考えると運命的な出会いだったと思います。

新卒として初めての営業活動、どうですか?

とにかくやる。やり続ける。

基本中の基本ですが、営業はアポイントを取らないと始まりません。
アペルザでは少しずつ営業の仕組み化が進んできたため、今ではある程度のスクリプトも用意され、初めての方でも自走できるよう環境も整ってきています。ですが、私が入社した頃はそうした仕組みもなく、周りの方の電話トークに聞き耳を立て、メモをして実践という中でのスタートでした。

質問すればすぐに的確なアドバイスが返ってくるような親切で優秀な先輩社員と距離が近い環境だったので、入社前の不安もすぐに払拭されました。これまで全てが順調だったわけではありませんが、「ここで出来なかったら他でもできない!」と踏ん張りました。食らいついていたらあっという間に5ヶ月経っていた、そんな感じです。今ではできることがどんどん増えて、毎日が楽しいです。

チームの雰囲気はどうですか?

若手が思いっきり挑戦できる環境。

若手も発言しやすく、非常に働きやすい環境です。そうした環境になるように経営陣や社員が意識しているように思います。

それに様々なバックグラウンドを持つ人、経験・知見を持つ人がいることも刺激的です。そういった多様性もあるので、自分では気づかない視点でのフィードバックを頂けたりしますし、みんな親切なので相談すればすぐに付き合ってくれます。アペルザはチームワークを重視しているので、社員同士が支え合いながら仕事をできているなと思います。

今後アペルザで実現したいことは?

日本の製造業を、そしてアペルザを世界に。

まずはフィールドセールスとして一人前になり、お客様と確かな信頼関係を築きたいです。「あなたが担当で良かった」と言われることを目指して日々精進しています。

また私たちフィールドセールスは、お客様と一番近いところにいます。現場だからこそ聞ける生の声を社内に届け、サービス向上のきっかけづくりの役割も担いたいとも考えています。そしてお客様に貢献できる、より良いサービスを目指したアイデアをどんどん発信していきたいです。

アペルザは本気でやりたいと意見すれば誰かしらが耳を傾けてくれる環境です。製造業はグローバルでの展開も必須、日本のみならず海外にもアペルザのサービスを広めたいという気概をもって取り組んでいます。

一緒に働く仲間はどんな人が多いですか?

前例のない大きな挑戦に熱量高く臨める方。

指示待ちの方でなく発信者である方と一緒に働きたいです。アペルザ自体が業界に新たなインパクトを与える、前例のない大きなことに挑戦しています。だから定説が通じない。本当に日々変化が多いので、それをポジティブに楽しめる方、ワクワクできる方にジョインいただけると嬉しいです。

それに多様なメンバーがいることで、自分の経験にないことも受け入れることができると考えています。
これから新しく入ってくるメンバー間とのコラボレーションも楽しみです。どんな反応が生まれるのか、見てみたいですし、私自身そこで活躍できるようになりたいです。

あとは本気で製造業を盛り上げたいと考える仲間が良いですね。利用して頂く全ての方が便利でハッピーになれるサービスに成長させ、世の中に広める高い熱量を持った方を歓迎します。


募集職種一覧