Interview社員インタビュー

アペルザの一員になることが「誇り」、そう思える組織を創りたい。 コーポレート部 総務  松本賀奈子

コーポレート部 総務
松本賀奈子
大学卒業後、パセラリゾーツを運営する株式会社ニュートンに入社。新宿や上野での店舗運営経験の後、人事で採用業務に従事。新しい刺激を求めて9年間務めた会社を飛び出し、2017年9月にアペルザへ。

アペルザでは、どんな仕事をしていますか?

縁の下の力持ちとして、組織全体をサポートする

総務担当として、アペルザの組織全体に関する業務を行っています。例えば、オフィスの備品や設備管理・来客対応・防災対策・社員全員を集めて行うMTG運営・社内イベントの企画実施など、とにかく担当領域が広いことが特長です。事業や組織が拡大していることもあり、日々担当領域も拡大しています。縁の下の力持ちとして、組織をサポートできるように、フェーズに合わせた柔軟な対応を意識しています。

サービス業からインターネットの世界、そして未経験の総務へ。

一緒に働く社員が、私のお客様。

転職活動中は、”どんな業界で働くか”や”どんな仕事をするか”よりも、”誰と働くか”を大事にしてきました。アペルザは、代表の石原も、上司であるCOOの田中もすごく話しやすく、素直に一緒に働きたいと感じたんです。でも最初は、総務という仕事がら、「お固い業務」しか想像できなかったので、やることのイメージが湧きませんでした。内定の連絡をもらった際、「攻めの総務を松本さんと一緒に創りたい!」という熱いメッセージを田中からもらったんです。その総務の姿がこれまで私が抱いていた総務のイメージとは全く違っていました。お客様を社員と置き換えることで、前職でずっとやってきた「お客様に満足してもらう」という私の信条をとことん追求できる!そう思ってアペルザでチャレンジしようと決めました。今でも田中からもらったメッセージは、大切に保管しています。

実際にチャレンジしてみてどうですか?

一つひとつの困った…を解決する仕事。

業務範囲は広いんですが、一見地味な業務が多いです(笑)。でも社外にアピールできるような派手な仕事でなくても、疎かにしてはいけないことって、たくさんありますよね。私は、会社にとって本業と言われる領域以外の業務は全て総務の仕事だと思っています。例えば営業のメンバーがお客様に集中できるよう、付帯業務を積極的に総務で受け付けています。最初から格好良くやろうと思っていないので失敗も多いのですが、トライ&エラーを繰り返しながら、社員の「困った」…をひとつひとつ解決するために、一歩ずつ進んでいる感じです。また、アペルザにご来社いただいたお客様をおもてなしすることも、総務の大切な役割です。お客様に「アペルザのファン」になっていただけるようなおもてなしとはどのようなものか?を前職での接客経験も活かしながら、日々模索しています。

あらゆる部署の社員と関わる総務の仕事。日々、意識している点はありますか?

人を知る。

アペルザで働く社員一人ひとりが、もっと本業や挑戦したいことに全力投球できるように、総務としてサポートしていきたいと考えているので、一緒に働く社員の人柄を知ることを大切にしています。私にとってのお客様は社員なので、どんなことに喜んだり楽しいと感じるのか、何が好きなのか?などを知ることで、「社員ファースト」を実現できると考えています。そのため、普段から何かあった時に相談しやすい・話しやすい関係を築くことを意識しています。例えば、ランチに一緒に行ったりもしますし、誰とどんな話しをしたか?やお子様の年齢・どんな趣味があるのか?など、話したことは忘れないようにメモして、取り組みを考える際のヒントにしています。

アペルザの働く環境、今後どうしていきたいですか?

アペルザの一員になることが「誇り」。そう思える組織を創りたい。

仕事の進め方においては、優秀でプロ意識の高いメンバーが集まっていることもあり、圧倒的なスピードで様々な取り組みが進んでいます。一方で、「アペルザらしさ」のようないわゆる会社のカルチャーは、まだまだ醸成中だと思います。そのカルチャー醸成に関われることに、すごくワクワクしています。
私自身は、社員の家族も大事にするというカルチャーを創っていきたいです。自分にとって大事な存在を大事にされることで、アペルザの一員になることを「誇り」と思えるような、そんな組織づくりに貢献したいです。


募集職種一覧


企画営業

Field Sales