Interview社員インタビュー

声で築くお客様との信頼関係 メディア事業部 インサイドセールス 國領 夏希

メディア事業部 インサイドセールス
國領夏希
新卒で人材業界の求人広告営業を担当。
その後医療機器商社で日本全国、海外での営業活動を経て2016年6月にアペルザに入社。趣味は社交ダンス。

現在の仕事内容について教えてください。

お客様に会えないからこそ磨かれるコミュニケーション能力。

遠方のお客様を中心に、「Aperza Catalog」へ無料出展している企業様への有料プランのご提案や、すでに有料プランをご利用頂いている企業様に活用方法のご案内をしています。時にはキャンペーンのご案内を行うなど、お客様にとって有意義な情報提供となるよう日々タイミングと内容を試行錯誤しています。

インサイドセールスは内勤ですので、こうした営業活動をWeb会議や電話を通じて行っています。
基本的に直接お会いすることができませんので、対面できる営業手法以上にお客様の声のトーンや言葉などの反応から様子を察し、適切にコミュニケーションする能力が求められます。時には会話が繋がらず切られてしまうこともありますし、正直難しいことも多いです。

だからこそお客様の視点に立ち、仮説を持ってお役立ち情報の提供・啓蒙活動から入ることで関係性を築き、ニーズを探っています。私はインサイドセールスの仕組みの立ち上げから携わっていますが、徐々に仕事の流れやポイントなどの仕組み化もできてきました。お客様と会話をする中でアペルザのビジョンに共感してくださる方がいた時は本当に嬉しかったですね。思わず声も弾みました。

お客様との関係性構築では特にレスポンスの早さの徹底を心がけています。お客様は疑問や不安、不満があってご連絡くださっている。だからこそ少しでも早く解決に向かうようにサポートが必要ですし、そこから信頼に繋がると考えます。

思い入れのあるエピソードはありますか?

お客様からの反響が何よりも嬉しい。

アペルザが1周年を迎えるにあたり、お客様に感謝の気持ちとご意見を伺ったことがあるのですが、そこで想像をはるかに超える温かい応援メッセージや、ご要望の声を頂くことができました。今でも社内の誰でも目につく所に保管していますが、何度も見返しても嬉しいですね。

地道に続けてきた対話1つ1つに意味があった、自分の仕事を通じて何か少しでも伝わるものがあったのかなと振り返って糧にしています。

どんな仲間と一緒に仕事をしたいですか?

地道で泥臭い仕事にも意欲を持って着実に取り組める方。

朝礼暮改という言葉がありますが、まさにアペルザは変化の多い会社です。

トライする価値がある施策と分かればすぐに取り組み、それに合わせて体制も変わります。新たなチャレンジにワクワクすることもあれば、なかには1つ1つの積み重ねが成果に繋がる泥臭い仕事もあります。華やかな部分だけでなく、地道な仕事にもしっかりと向き合い、会社の成功を自ら牽引し自分をより高めていく。これをゲームのように楽しんで取り組める方だと良いのではないでしょうか。

アペルザはまだまだ業務の型が決まっていないので、提案次第で可能性を広げられます。それを楽しいと思える方にはやりがいのある環境だと思います。


募集職種一覧