(株)FAナビ、(株)クルーズ、オートメ新聞(株)、 3社の戦略的経営統合のお知らせ

Posted on Posted in Press

製造業向けにサービスを提供する株式会社FAナビ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:天野 眞也、以下FAナビ)と株式会社クルーズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:石原 誠、以下クルーズ)、およびオートメ新聞株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井 裕雄、以下オートメ新聞)の3社は、2016年7月1日付で経営統合することを決定しましたのでお知らせします。

 

1. 経営統合の目的

今回の経営統合では、クルーズがこれまでに築いてきたインターネットサービスを中心に据え、FAナビの保有する製造業に特化したマーケティングおよびセールスに関するノウハウと、オートメ新聞が保有する業界知見やコンテンツ作成ノウハウ等をひとつの会社に集約させ、グローバル市場でも新しい価値を生み出すことのできる、世界最高峰の製造業向けサービスカンパニーを目指します。

 

2.経営統合後の事業について

各社の既存事業は継続し、さらに強化してまいります。製造業向けマーケティング・セールス領域のコンサルティング事業では引き続き顧客のビジネス支援に取り組み、同時にクルーズとオートメ新聞が運営するメディアを融合させた新たなサービスのご提供を近々開始する予定です。40年以上の歴史を持つオートメーション新聞においても、従来通りに発行を継続します。このほか、インターネットサービスの特性を生かして海外市場への進出も積極的に進める計画です。

 

なお、今回のFAナビ、クルーズ、オートメ新聞の経営統合に伴い、統合後の新会社名は「株式会社アペルザ」となります。併せて、本社を横浜に移転します。

 

会社名 : 株式会社アペルザ(英字表記:Aperza Inc.)

資本金 : 2,500万円

代表取締役社長 : 石原 誠 (Makoto Ishihara)

所在地 : 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル13F

代表TEL:045-228-8801

FAX:045-228-8802

 

 

※社名に用いたAperza(アペルザ)は、ラテン語で「open(オープン)」、音楽用語では「明るい(chiaro)」を意味する「aperto(アペルト)」という言葉に、職人ギルドを意味する日本語の「座」を加えた造語で、製造業をオープン化して更なる活性化に貢献したいという思いを込めています。

私たちは、製造業における「情報流通」「取引のあり方」「コミュニケーション」という3つのバリアを取り除くことで、新しいものづくりの産業構造の構築に貢献することをミッションとしています。今後、aperza(アペルザ)ブランドのもと、製造業のオープン化に一役買う新しいサービスを次々と提供していきたいと考えています。

 

【代表取締役兼CEO石原誠 略歴】

新卒で株式会社キーエンスに入社。東京営業所にてコンサルティングセールスに従事。2001年より社内ベンチャープロジェクトとしてキーエンス初のインターネット事業「iPROS(イプロス)」の立ち上げに参画。執行役員として「サービス開発」「メディア運営」「経営企画」を担当。2014年3月にイプロスを退職し、教育系(EduTech)スタートアップである株式会社ポリグロッツを創業。英語学習者向けiPhoneアプリをリリースし、2014年のAppleベストアプリに選出される。2014年9月に創業した株式会社エデュート(Edut)では、教育向けアプリ構築プラットフォームサービスをリリース。数々のビジネスコンテストで受賞を経験。その後、2014年12月に株式会社クルーズを創業。この度、株式会社アペルザの代表取締役社長に就任。